本文へスキップ
は〜とふるすぽっと
 

料金コミュニケーション

コミュニケーションとは

社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと。
言語・文字・身振りなどを媒介として行われる。〜小学館『デジタル大辞泉』より

コミュニケーションha,
相手の気持ちを受け取る
(受信)⇒考える(情報処理)⇒自分の気持ちを伝える(送信)
を繰り返しながら行います。


表面上は【言葉のキャッチボール】かもしれませんが、実際は【気持ちのキャッチボール】ということができます。


コミュニケーションチェック

 @ 沈黙になると、自分から話を進めてしまう。
 A 相手との会話のスピードやリズムが違うと、イライラする。
 B 会話の中で疑問に思うことがあると、納得するまで問いつめる。
 C 結果が想像できる内容は「わかる、わかる」と遮ってしまうことがある。
 D 感情よりも理論的に考え、解決するための方法を考えて会話している。
 E 話が長いと「つまりそれは○○だよね」と話を早くまとめたくなる。
 F 話を聞いて、自分が経験があればアドバイスをする。
 G 相手が間違っていれば、正しいことを教える。


みなさんはいくつ当てはまりましたか?

当てはまる数が多い人ほど、
「私ってコミュニケーションが下手なのかな」
「あの人とはコミュニケーションがうまくとれない」
など、他者とのコミュニケーションが苦手だな、と感じているかもしれません。


コミュニケーションを阻む12の障害

相手の話を聴いたときに、多くは自分と相手の価値観の違いにより困惑します。
また、相手の話が悩みごとや問題を抱えている内容だと、自分がその問題に対し不安感を感じてしまい、その自分自身の不安や困惑を取り除くために行ってしまう態度が『コミュニケーションを阻む12の障害です。

例えば、自分のお子さんが「今日は学校に行きたくないから休みたい」と言ったとしたら、あなたはお子さんにどう返事をしますか?

 「そんなこと言ってないで早く行きなさい」
 「休みたいなんて言ったらダメ」
 「行きたくないなら休んでもいいよ」
 「ケーキ買っておくから行ってきなさい」

これらはいずれも『コミュニケーションを阻む12の障害』に含まれます。
しかもこれらの態度は、相手に次の3つの隠れたメッセージを送ります

  ○あなたは重要ではない
  ○あなたは信頼できない
  ○あなたは価値がない

この隠れたメッセージは相手の心(潜在意識)に届き、『理解してくれない』『わかってくれない』と感じ、心を閉ざしてしまいます。すると、深い信頼関係を築くことは難しくなります。

相手と深い信頼関係を築く(より良いコミュニケーションをする)には、相手のありのままを受け入れ(受容)相手の身になってわかろうとする(共感)ことが大切になります。







カウンセリング・傾聴トレーニングの予約ページへ



関連ページ

受容
共感(準備中)

 


は〜とふるすぽっとはーとふるすぽっと

〒157-0072
東京都世田谷区祖師谷1-13-25
ディアホームズ 105
TEL 03-6796-4416
FAX 03-6796-4417
h-spot@sevenspot2007.comfacebook


「こころ」に関するいろいろなページを随時更新中




リンクサイト


lcm
zensinren
【心理カウンセラー.COM】
【心理カウンセリング.COM】
【悩み相談SOS】
【東京心理カウンセラー座敷】
        心理カウンセラー